ジープコンパスを40万円安く購入した方法

bookmark

新エコカー補助金終了、延長なし

新エコカー補助金終了、延長なし

新エコカー補助金が2012年8月中にも終了予定で、延長もないだろうと発表されました。
そもそもジープコンパスは補助金の対象外なので、気にする必要もないのですが、
もし10万円の補助があったら・・と考えた事はありませんか?
ジープコンパスの車体本体価格(Limited(4×2))は298万円、
一般的な値引きが3万円ですから、
298-10=288万円のところ、278万円で購入できるのです。

オプションが1つ付けられる位の金額。10万円は大きいですよね。
ですが、僕は全然気にしていません。それはなぜかと言うと、

 

ジープコンパスを243万円で購入できたからです。

 

その方法を使えば、エコカー補助金の10万円どころか

僕のように40万円も得することが可能だからです。

 


40万円安くジープコンパスを購入した方法

40万円安くジープコンパスを購入した方法

40万円安く購入した方法 40万円安く購入した方法

 

 

方法は実にシンプルなので、誰でも出来ると思います。

簡単に、僕の例で説明していきますね。

 

実は、僕はジープコンパス購入前、10年落ちのカローラに乗っていたのです。
ディーラーで「下取り車有り」と「下取り車ナシ」の2つの見積もりを出してもらったところ、
カローラの下取り額は5万円ということが分かりました。
その時は距離も乗っていたので、こんなものかなと思っていました。


その日は一旦自宅に戻り、モノは試しにと軽い気持ちでオンライン一括査定で僕のカローラの買取額を確認してみました。

そうしたら、45万円という値がついたのです。(車の状態にもよります)

 

当然ですが、僕はディーラーで下取りなしでジープコンパスを購入し、カローラは、オンライン査定で最高値をつけてくれた業者へ売りました。


 

下取り有りと下取りなしの見積もり

下取り有りと下取りなしの見積もり

 

一見すると「下取りあり」の方が特に見えるが、
オンライン査定では45万円の下取り価格がついているので、
「下取りなし」の総支払額は277-45=232万円。
つまり下取りナシの方が…

 

4ステップ実践で得した金額

 

一言で言えば
『今乗っている車を、最も高く買い取ってくれるところで売れば良い』
ということです。
その為には『ディーラーでの下取り価格』と『オンライン査定での査定額』の
両方を知る必要があります。
まずは、オンライン査定(こちら)で今の乗っているクルマの買取額を確認してきましょう。

新車購入に交渉は必要ない

新車購入に交渉は必要ない

車の雑誌等で見かける値引き交渉術がありますよね。
ライバル車との比較や決算期前の購入、サービス付加の交渉など時間も労力もかかります。
にも関わらず、大した値引きには至らない・・・。
無駄に疲れて終わったという経験をされた方は、多いのではないでしょうか?

 

そもそも、ディーラーとの交渉で値引きが引き出せる

と考えるのが間違いだと僕は考えています。
どのお店でも値引き額に大差がないのは、車種によって値引きの上限が設定されているからです。
ディーラー側も利益を出さないといけないので、当然のことですよね。

 

交渉しなくても、それ以上に安く購入出来る方法があるのですから、
無理して交渉する必要はない
のです。

ディーラーの下取り額5万円は妥当なのか?

ディーラーの下取り額5万円は妥当なのか?

これは、妥当と言って良いでしょう。
ディーラーは、国内で車を販売して利益を出しています。
僕の10年落ちのカローラは、国内ではニーズも少なく売れないでしょうから、やはり5万円程度の下取り額になるでしょう。

 

一方で、オンライン査定に参加している業者達は、海外で車を販売し利益を出しています。
高品質な日本車は古くても海外では高く売れますから(アジアやアフリカで人気があるようです)、45万円で買い取っても十分に利益が出るのです。

 

つまり、販売マーケットが異なるために40万円もの差が出るのであって、別にディーラーがぼったくりしている訳ではありません。

 

たまに「オンライン査定での買取額をディーラーに見せて、交渉した方が良い」と薦めている人もいますが、実践する必要はないでしょう。必要なのは、上記の3ステップだけです。

 

まずは、今乗っている車の買取相場を確認してみてください。

 

オンライン一括査定

オンライン一括査定の業者

 

 

ジープコンパス(Jeep)

ジープのエントリーモデルとなるSUV。
ジープ・パトリオットと作りが同じであるが、パトリオットが4WDに対して、コンパスは2WDである。燃費への意識の向上から2WDへの関心が高まり、そのニーズにこたえる形で市場に登場した。 エクステリアは、パトリオットより若干角々しさがなくなり、人々に受け入れられやすいフォルムになっている。それでもジープらしい男性的な雰囲気は持ち合わせており、よりジープへの関心が強まりそうな形である。

 

元々高速走行や細かい操作を想定していないため、走行性能に関しては劣る。特に低速でのトルクは足りない印象である。また、エンジン音も回した時のノイズは高めである。反面、それがたまらないという人にはもってこいである。
ジープを持つことに意味があるということを実感できる1台だろう。 全長の割に室内が広いため、ファミリーユースにも向いている。後部座席まで広いスペースが確保されていて、チャイルドシートを利用しても十分なスペースがある。

価格 平均値引き額 納車目安
298万円 10万円 2~3か月
燃費 人気グレード
10.5(10・15)
Limited(4×2)